離婚にいたる流れについて

離婚をする場合、およそ9割の夫婦は夫婦の話し合いによって解決する
協議のかたちをとります。これは、届けにお互いがサインして、市役所
や役場に提出するだけで受理され、法律的に認められるものです。その
ため、届けに名前や住所を書いてサインをし、証人からのサインを書い
てもらう流れで簡単に終了します。しかし、夫婦だけの場合や、慰謝料
などが発生しない場合には簡単にすみますが、どちらかが有責の場合や、
こどもがいる場合には話し合いに時間がかかることもあります。別れるpet06_l
理由としてもっとも多いものは性格の不一致で、どちらかが一方的に悪
いわけではないパターンが多いのですが、なかには暴力が原因であった
り、不倫が原因である場合があります。これらが原因である場合は有責
となり、慰謝料を支払う可能性があります。しかし、慰謝料は精神的苦
痛に対して支払われるものであるため、いくらであると決まっているわ
けではありません。
また、こどもがいる場合には、親権はどちらがもつのか、養育費は月々
いくら支払うのか、面会権はどのようにするのかなども事前に取り決め
をする必要があります。
これらの話し合いがうまくいかない場合には、調停員に決めてもらう場
合、そしてそれでも決まらない場合には裁判で決まります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check