離婚に関する取り決めについて

2014.11.26|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

もともとは他人であった2人の人間が、結婚届という1枚の契約書
によって法的な(公的な)夫婦関係が認められると、生活の上で
様々なメリットと制約を受けることになります。出来れば生涯を
添い遂げるのが望ましいのですが、色々な事情によって離婚せざ
るを得ないことがあります。
夫と妻の双方が話し合いで離婚に納得することが出来た時には、
協議離婚が成立します。手続きは役所から「離婚届」の用紙をもpet01_m
らい、必要事項を記入して双方の署名と押印、また第3者2名の署
名・押印をして、離婚届を役所に提出し役所が受理した時点で婚
姻関係が解消されたことになります。
ただし、離婚に際しては、子どもがいる夫婦の場合は慎重に考え
なければいけません。夫婦は離婚で他人に戻りますが、子どもに
とってはあくまでも父と母であることには変わりがないからです。
離婚届には子供の親権者を記載する項目がありますので、最低で
も親権者については子供のために何が良いのかを考えて決めなけ
ればなりません。また、子どもが成人していない場合は、養育費
についても取り決める必要があります。離婚家庭の子供は、貧困
のため学業に専念出来ないという実態がありますので、そのよう
なことにならないためにも、養育費の支払いのことは書面で残す
ことが大切です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。