離婚前に決めておいたほうがよい問題

2014.11.26|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

日本では年々離婚率が高まっています。
離婚の増加に伴い、離婚の際のトラブルも増加しているそうです。
最近では、母子家庭の貧困が社会的な問題となっているのです。
母子家庭の貧困の理由の一つが養育費を貰っていない事です。
離婚前に養育費を口約束しても、支払わない方が多いのです。
また、母の収入が低い事も理由の一つでしょう。
離婚後に経済的に困らない様にしっかりと夫婦間で話し合いましょ
う。
養育費、慰謝料、子供の親権など決定しなくてはいけない事は沢山
あります。
そして、決定事項は法律のプロに依頼して、法的な効力を持たせる
様にして下さい。
ただの口約束では時間が経つと共に約束を守らなくなってしまいま
す。
養育費などは子供が成人するまで支払ってもらうお金です。
ですから、月々貰うのか、一括で貰うのか決める事が需要です。
支払いを拒みそうな相手でしたら、一括で貰うのも手段の一つです。
相手が経済的に裕福な方でしたら、一括で支払ってもらいましょう。
また、子供との面会権なども決めて置きましょう。
離婚後、夫婦で無くなっても、子供にとってはいつまでも父親や母
親である事に変わりはありません。
ですから、出来るだけ父親や母親と会わせてあげる事が大切です。
離婚前の決定事項は夫婦の感情は後にして、子供の事を第一に考え
て下さい。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。